インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガスペイン語: Inca Garcilaso de la Vega1539年 - 1616年)はメスティソ歴史家、文筆家[1]ペルーに在住し、1561年スペインに移った[1][2]

父はスペイン人の征服者、カピタン・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガで、母はワイナ・カパックの四男のワルパ・トゥパック・インカ・ユパンキの娘であるインカ王女チンプ・オクリョ[1]。幼名はゴメス・スワレス・デ・フィゲローア(スペイン語: Gómez Suárez de Figueroa)[3]著書に「インカのフロリダ」、「インカ皇統記」、「ペルー征服史」、「ガルシ・ペレス・デ・バルガスの家系」「サン・イルデフォンソの説教に寄せたプロローグ」など。訳書にレオン・エブレーオ著「愛の対話」がある。[要出典]

ペルーで1974年に発行された10ソル紙幣から、1981年に発行された10000ソル紙幣まで肖像が使用されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c garcilaso_de_la_vega-Librosperunaos(スペイン語),2010-09-24閲覧。
  2. ^ Cervantes Virtual."Inca_Garcilaso_de_la_Vega"_by_José_Carlos_Rovira_and_Remedios_Mataix.(スペイン語),2010-09-24閲覧
  3. ^ Gómez Suárez de Figueroa ("El Inca Garcilaso de la Vega")(スペイン語)、2012年5月18日。