アーノルド・ウェスカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーノルド・ウェスカーSir Arnold Wesker, 1932年5月24日 - )はイギリス劇作家ロンドンイースト・エンドステプニー生まれ。

作品[編集]

42の、4巻の短編、2巻のエッセージャーナリズムの著作、児童文学などがある。

  • "Chicken soup with barley", 1958 「大麦入りのチキンスープ
  • "Roots", 1959 「根っこ」
  • "I'm talking about Jerusalem", 1960 「僕はエルサレムのことを話しているのだ」
  • "The kitchen", 1959 「調理場」
  • "Collected plays", 2 Vols. 1976-77

文献案内[編集]

  • 『ウェスカー三部作』 (木村光一 訳 、晶文社 、1964年発行)
  • 『ウェスカー全作品 1』 (木村光一 訳 、晶文社 、1972年発行)
  • 『ウェスカー全作品 2』 (木村光一 訳 、晶文社 、1970年発行)
  • 『ウェスカー全作品 3』 (小田島雄志 訳 、晶文社 、1970年発行)
  • 『友よ 』 (小田島雄志 訳 、晶文社 、1974年発行)
  • 『演劇 - なぜ?』 (柴田稔彦中野里皓史 訳 、晶文社 、1979年発行)
  • 『ボテクチさんの魔法が消えた』 (小田島雄志・小田島若子 訳 、阪急コミュニケーションズ、1981年8月発行)
  • 『ハンガリー知識史の風景』(小島亮 著、風媒社、2000年01月、ISBN:4-8331-3122-6)