アンドレ=ルイ・ドビエルヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレ=ルイ・ドビエルヌ(1922年ソルベー会議にて)

アンドレ=ルイ・ドビエルヌAndré-Louis Debierne1874年7月14日 - 1949年8月31日)は、フランス化学者1899年アクチニウムを発見した。

パリで生まれた。ピエール・キュリーマリ・キュリー夫妻と親友になり、共同研究を行った。1899年にキュリーの始めたピッチブレンド(瀝青ウラン鉱)の研究を続けて放射元素のアクチニウムを発見した。

1906年のピエール・キューリーの死後もドビエルヌはマリ・キュリーと教育、研究を続けた。

パリで死去した。