アンドリュー・コンモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドリュー・コンモン

アンドリュー・コンモン(Andrew Ainslie Common、1841年8月7日1903年6月2日)はイギリスの天文学者である。

熱工業配管会社の社長であったが、49歳で引退して、反射望遠鏡を購入して自作の赤道儀と組み合わせて天体写真を撮影した。火星や土星の衛星を観測し、1883年にオリオン星雲の優れた写真を撮影した。天体写真の功績により1884年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1895年から1896年の間、王立天文学会の会長を務めた。口径1.5m(60インチ)の反射望遠鏡を製作した。