アントニオ・ファルネーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・ファルネーゼ

アントニオ・ファルネーゼAntonio Farnese , 1679年5月29日 - 1731年2月26日)は、ファルネーゼ家最後のパルマ及びピアチェンツァ公。ラヌッチョ2世と妃マリーア・デステの3男としてパルマで生まれた。オドアルド2世・ファルネーゼは異母兄、フランチェスコ・ファルネーゼは同母兄。

同母兄フランチェスコの死にともなって公位を継承した。1728年、エンリチェッタ・デステ(モデナリナルド・デステの娘)と結婚したが、フランチェスコに続いてアントニオにも子供がなく、彼の死後公国は異母兄オドアルド2世・ファルネーゼの娘エリザベッタ・ファルネーゼの長男カルロに継承された。カルロはまだ15歳と若いため、彼の祖母にあたるドロテア・ソフィアと前公妃エンリチェッタが摂政を務めた。

先代:
フランチェスコ
パルマ公
1727年 - 1731年
次代:
カルロ1世