アンゴラ (繊維)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンゴラ(Angora fiber)は動物繊維の一種で、アンゴラヤギの毛や、アンゴラウサギの毛、またはそれを織った布のことをいう。通常アンゴラは、ウールナイロンなどと混ぜて編まれコートセーターなど防寒着用素材として利用される事も多い。繊維の太さは10~30ミクロンで、長さ100~130mmが標準的なサイズとなる。 モヘヤと呼ばれることもある。

利点[編集]

  • 軽い。
  • 手触りは、なめらかで柔らかい。

欠点[編集]

  • 製品から毛落ちしやすい。

関連項目[編集]