アルヴ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルヴ川
アルヴ川 2004年9月11日撮影
アネマス付近
延長 102 km
水源の標高 -- m
平均流量 75 /s
流域面積 2,060 km²
水源 モンブラン山塊(フランス)
河口・合流先 ローヌ川(スイス)
流域 フランスの旗 フランス
スイスの旗 スイス
テンプレートを表示
ジュネーヴのジョンクシオン地区(Jonction)でのアルヴ川(右側)とローヌ川(左側)の合流点。水質の違いがはっきり見て取れる。
シャモニー付近のアルヴ川。

アルヴ川(l'Arve)は、フランス東部およびスイス西部を流れるである。アルプス山脈モンブラン山塊を水源とし、ジュネーヴローヌ川合流する。

地理[編集]

シャモニー渓谷のトゥール村の背後にあるバルム(Balme)山中に源を発し、メール・ド・グラス(Mer de glace)から流れ出すアルヴェロン川(l'Arveyron)等の支流を合わせる。

流域の大半はオート=サヴォワ県を流れるが最後の数kmは、スイスジュネーヴ州に入り、レマン湖の出口付近でローヌ川に合流する。

支流[編集]

流域の都市[編集]

フランス オート=サヴォワ県
シャモニー=モンブランボンヌヴィルアヌマス
スイス ジュネーヴ州
ジュネーヴ

観光[編集]

ジュネーヴではアルヴ川沿いに「砂金採りの遊歩道(la Promenade des Orpailleurs)」と名付けられた遊歩道があり、かつて氷河の水から採れるはずのない砂金を求めて汗を流した者達のいたことをうかがわせる。

流れの激しいアルヴ川は、ラフティングやカヌーの練習にも用いられている。

外部リンク[編集]