アラスカ (客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alaska 2.jpg
艦歴 Civil Ensign of the United Kingdom.svg
船名: アラスカ(SS Alaska
運用: グイオン・ライン
建造: ジョン・エルダー・アンド・カンパニー
進水: 1881年7月15日
運航開始: 1881年10月30日
その後: 1902年にスクラップ
注記: 1897年Magallanesへ改名している。
仕様諸元
分類 旅客蒸気船
総トン数 6,932t
全長: 520 ft (160 m)
全幅: 50 ft (15 m)
機関: スクリュー1軸
速力: 16ノット

アラスカSS Alaska)は、グイオン・ラインが所有していたオーシャン・ライナーである。

概要[編集]

アラスカはジョン・エルダー・アンド・カンパニーで建造され、1881年7月15日に進水した。当時グイオン・ラインの所有していたアリゾナよりも若干大きく、速力も速かった。また、初めて1週間以内に大西洋横断を実現し、1882年には太平洋横断最速記録であるブルーリボン賞を受賞した。その一方、消費する石炭の量が250t/日と多く、これはアリゾナの消費量より135tも多かった。

アラスカは1894年までに100航海を達成した。その後老朽化により客船としての維持が困難と判断され、1897年にCiaに輸送船としてチャーターされた。

1902年、アラスカは破棄、解体された。

記録
先代:
ゲルマニック
ブルーリボン賞(西回り航路)保持船舶
1882年~1884年
次代:
オレゴン
先代:
アリゾナ
ブルーリボン賞(東回り航路)保持船舶
1882年~1884年