アドルフ・ド・メイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アドルフ・ド・メイヤー(Baron Adolf de Meyer, Baron Adolphe Edward Sigismund de Meyer, 1868年9月1日 - 1946年1月6日)とは、20世紀初頭のフランスの写真家。没年については、1949年とする文献も存在する(Wikipediaの外国語版の中にも1949年とするものが存在する)。

生まれは、パリだとする文献と、ドイツドレスデンだとする文献とが存在する。没地は、ロサンゼルス

エドワード・スタイケンと並んで、最初期のファッション写真家である。幻想的なファッション写真を多く残している。他にも、人物を多く撮影した。

いわゆる「写真師」とは異なった「プロの目」を持つ最も早い写真家の1人ともいえる。

日本における展覧会・写真集[編集]

日本においては、アドルフ・ド・メイヤーを中心に取り上げた展覧会は開催されておらず、また、写真集も刊行されていない。

海外であれば、次のような文献が存在する。

  • A Singular Elegance: The Photographs of Baron Adolph De Meyer, Adolf De Meyer, Anne Ehrenkranz, John Szarkowski, Willis Hartshorn, International Center of Photography, Chronicle Books, 1994, ISBN-10: 0811808300, ISBN-13: 978-0811808309

外部リンク[編集]