アジアーゴDLR小惑星サーベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アジアーゴDLR小惑星サーベイ(Asiago-DLR Asteroid Survey:ADAS)は特に地球近傍天体を中心に彗星小惑星を探査したプロジェクトである。イタリアのパドヴァ大学の天文学部と、ドイツ航空宇宙局(DLR: Deutschen Zentrum für Luft- und Raumfahrt)の共同プロジェクトとして1999年後半に始められた。

イタリア北部のアジアーゴの近くのチーマ・エカール・アジアーゴ天文台のシュミット望遠鏡を使って探査は行われた。主要な観測者はパドヴァ大学のCesare Barbieriとドイツ航空宇宙局のGerhard Hahnである。5個の特異小惑星、2個の火星横断小惑星を含む多くの小惑星を発見した。

外部リンク[編集]