アケジャン・カジェゲリディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アケジャン・カジェゲリディン1952年3月27日 -)は、カザフスタンの政治家、元首相

セメント工として働き始めた。大学卒業後、中学校の教師となり、兵役後、KGBセミパラチンスク州局のエージェントとして働いた。

  • 1979年 - 1984年:共産党カリーニン地区委員会の教官、課副主任、課主任
  • 1985年 - 1987年:キーロフ地区執行委員会議長
  • 1987年 - 1989年:F.E.ジェルジンスキー名称KGB高等学校指導要員訓練課程の聴講生、モスクワ市の協同組合「ソジダーチェリ」議長
  • 1989年 - 1990年:セミパラチンスク建築・装飾用石材産業加工コンビナート長
  • 1990年:株式会社「トマン」社長
  • 1990年 - 1992年:金融・産業グループ「セメイ」社長
  • 1991年 - 1993年:セミパラチンスク州執行委員会副議長、州行政府長官
  • 1992年7月 - 1996年7月:大統領附属企業家会議議長
  • 1993年2月 - 1995年2月:カザフスタン産業・企業家連盟総裁
  • 1993年12月 - 1994年10月:第一副首相
  • 1994年10月 - 1997年10月:首相
  • 1998年3月 - 1998年10月:カザフスタン産業・企業家連盟総裁、定員外の大統領顧問

1998年12月からカザフスタン共和人民党党首、2001年12月からは統一民主党政治会議のメンバー。

1999年、国際手配された。2001年、欠席裁判で懲役10年を言い渡された。

パーソナル[編集]

セミパラチンスク州ジャルミン地区ゲオルギエフカ村出身。妻帯、1男1女を有する。

N.K.クルプスカヤ名称セミパラチンスク教育大学(1974年)、アルマ・アタ人民経済大学(1985年)を卒業。経済科学博士。


公職
先代:
セルゲイ・テレシチェンコ
カザフスタンの旗 カザフスタン共和国首相
第2代:1994 - 1997
次代:
ヌルラン・バルギンバエフ