アガパンサス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アガパンサスから転送)
移動: 案内検索
アガパンサス属
Agapanthus africanus.jpg
ムラサキクンシラン Agapanthus africanus
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
: アガパンサス属 Agapanthus
タイプ種
Agapanthus africanus
(L.) Hoffmanns.
ムラサキクンシラン

アガパンサス属(アガパンサスぞく、Agapanthus)は、単子葉植物の1つで、南アフリカ原産。日本では園芸用に球根が販売される。

分類[編集]

APG植物分類体系第2版では、ネギ科ヒガンバナ科姉妹群であるアガパンサス科としてクサスギカズラ目に含められていたが、APG植物分類体系第3版ではアガパンサス亜科としてヒガンバナ科にまとめられている。クロンキスト体系ではユリ科新エングラー体系ではヒガンバナ科に含められていた。

主な種[編集]

およそ10種がある。

ムラサキクンシラン Agapanthus africanus
単に「アガパンサス」というと通常は本種のこと。半耐寒性多年草で花期は6 - 7月頃。南アフリカ原産。

名前の由来[編集]

「アガパンサス」はギリシャ語のagape(アガペ 愛)とanthos(アントス 花)の2語の組み合わせで、このため花言葉は「愛」や「恋」にちなんだものが多い[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【7月の花】アガパンサス”. All About (2007年6月28日). 2012年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]