アイヴァー・リチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイヴァー・アームストロング・リチャーズ(Ivor Armstrong Richards、1893年2月26日 - 1979年9月7日)は、イギリスの文芸批評家ケンブリッジ大学特別研究員、ハーヴァード大学教授。

チャールズ・ケイ・オグデンとともに「意味論」の科学的研究者として有名で、1932年以後はこの意味論に基づいた850の基本語で表現の自由を図るいわゆる「ベーシック・イングリッシュ」の提唱実践に尽くしたことで知られる。

業績[編集]

学術書[編集]

  • 『美学の基礎』(オグデン、J・ウッドと共著)
  • 『意味の意味 言語の思想に及ぼす影響及び象徴学の研究』(オグデンと共著)石橋幸太郎訳 興文社 1936
  • 『文芸批評の原理』岩崎宗治訳 垂水書房 1961-62
  • 『詩と科学』李揚河訳 文学論パンフレット 研究社 1932
    • 『科学と詩』星野徹訳 国文社 1971
    • 『科学と詩』岩崎宗治訳 八潮出版社 1974
  • 『実践批評 英語教育と文学的判断力の研究』坂本公延編訳 みすず書房 2008
  • 孟子の「心」論』
  • コールリッジの想像力論』
  • 『修辞の哲学』
  • 『思索の手段』
  • 『平和へのみち』松居桃楼訳 ひろば書房 1955
  • 『新修辞学原論』石橋幸太郎訳 南雲堂 1961 不死鳥英語学ライブラリィ

詩集[編集]

  • 『さらば大地』
  • 『スクリーンズ』など

その他[編集]

  • 『リチャーズ・ナウ I.A.リチャーズ生誕100年記念論文集』片桐ユズル編 青磁書房 1993