アイノ=カイサ・サーリネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

Aino-Kaisa Saarinen in 2010
フィンランドの旗 フィンランド
女子 クロスカントリースキー
オリンピック
2014 ソチ チームスプリント
2014 ソチ 4x5kmリレー
2006 トリノ チームスプリント
2010 バンクーバー 30kmクラシカル
2010 バンクーバー 4x5kmリレー
ノルディックスキー世界選手権
2007 Sapporo 4x5kmリレー
2009 Liberec 10km
2009 Liberec チームスプリント
2009 Liberec 4x5kmリレー
2011 Oslo チームスプリント
2009 Liberec 15km パシュート
2011 Oslo 10km
2011 Oslo 4x5kmリレー

アイノ=カイサ・サーリネン(Aino-Kaisa Saarinen、1979年2月1日 - )はフィンランドパイヤト=ハメ県ホッロラ出身のクロスカントリースキー選手。

プロフィール[編集]

サーリネンは1998年3月7日に地元フィンランドで行われたラハティスキーゲームズクロスカントリースキー・ワールドカップにデビューしたが15km51位に終わった。

地元開催の2001年ノルディックスキー世界選手権代表となり個人スプリントに出場したが11位に終わった。

2003年3月8日のホルメンコーレンスキー大会30kmでワールドカップ初の3位入賞、2006年のトリノオリンピックではチームスプリントで銅メダルを獲得、10kmとリレー7位、30km17位、個人スプリント26位の成績を残した。

2007年ノルディックスキー世界選手権ではリレーで金メダルを獲得、30km4位、パシュート6位、個人スプリント18位、10km途中棄権。2007年3月17日のホルメンコーレンスキー大会30kmでワールドカップ初勝利をあげ、総合5位となった。

2009年ノルディックスキー世界選手権では自己最高の成績を残した。10km、チームスプリント、リレーと3つの金メダルを獲得、パシュート銅メダル、30km7位入賞。またワールドカップでも自己最高の総合3位となった。

2010年バンクーバーオリンピックではリレーと30kmで銅メダルを獲得し、パシュート5位入賞、個人スプリント13位、10km15位となった。

2011年ノルディックスキー世界選手権はチームスプリント銀メダル、10kmとリレーで銅メダル、パシュート8位、30km23位だった。

出典[編集]