Vikas

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vikas engine of ISRO.JPG
Vikasエンジンの模型
Vikas
用途: 2段
推進剤: UDMH/N2O4
エンジンサイクル: ガス発生器サイクル
開発年: 1970年代
大きさ
全高 12.8 m (42 ft)
直径 2.8 m (9 ft 2 in)
乾燥重量
推力重量比
性能
海面高度での比推力
真空中での比推力 290 秒 (2.8 km/s)[1]
海面高度での推力
真空中での推力 800 kN<[2]
燃焼室圧力 58.5 bar [1]
設計者
製造会社: MTAR テクノロジーズとGodrej & Boyce[3][4][5][6]
推進技術者: Nambi Narayanan
設計チーム: インド宇宙研究機関

Vikasインド宇宙研究機関(ISRO)によって製造される液体燃料ロケットエンジンである。[7]1970年代にNambi Narayananと彼のチームによって開発された。[8]

インドの人工衛星打ち上げ用のロケットであるPSLVGSLVと開発中のGSLV mk3に使用される。フランスの設計のコピーではなくインドとフランスが協力してバイキングエンジンを元に開発された。それぞれのエンジンは別物である。PSLVの2段目とGSLVの2段目と4機の補助ロケットに使用されている。このエンジンは角度を変えることが可能である。

GSLV mk3では2基のVikasエンジンをコアステージに使用する。標準的なGSLV と PSLVに積載する推進剤が40トンであるのに対してGSLV MK-3に積載する推進剤は55トンである。

技術的詳細[編集]

約40トンの非対称ジメチルヒドラジン(UDMH)を燃料として、四酸化二窒素を酸化剤として使用して最大推力は725kNである。推力増強型の燃焼室の圧力は旧型の52.5 barに対して58.5 barに上昇して推力は800 kNである。

出典[編集]

外部リンク[編集]