TotalView

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TotalView は、Fortran, C/C++ 言語で利用できるGUIベースのソースコードレベルデバッガである。プログラムやメモリの状態・変数の値を視覚的に確認しながらソースコードレベルでブレークポイントやバリアの設定、実行の制御、アクションの設定などの作業が可能である。元々は1980年代後半に BBNテクノロジーズBBN Butterflyという超並列マシン開発のために作られたツールで、マルチプロセスマルチスレッド並列プログラムの解析に高い能力を発揮する。

TotalView は、TotalView デバッガ、 ReplayEngine アドオン 、NVIDIA-CUDAアドオン から構成されており、ReplayEngineのリバースデバッグ機能は、エラーが発生したポイントから遡ってその兆候と原因を特定できるため、エラーの発生を一度「記録」できれば、通常は失われてしまうプログラムの内部状態を確認しながら「再生(実行)」「巻き戻し」が可能なため、再現性の低い現象にも有効といえる。

ローレンス・リバモア国立研究所ロスアラモス国立研究所など、世界各国の大手研究所・教育機関で多数採用されており、大規模シミュレーションモデリング航空宇宙金融、科学技術研究などで利用されている。


製品の歴史[編集]

  • 1986年:BBN (1948-2009, Cambridge MA)の超並列機 Butterfly 向けの並列プログラム用デバッガとしてスタート。
  • 1998年:Etnus, Inc. (Natick MA)として独立。
  • 2007年:TotalView Technologies に社名変更
  • 2010年 Rogue Wave Software, Inc. による TotalView Technologies の買収にともない、Rogue Wave Software, Inc.が開発元となる。
  • 日本国内では ローグウェーブ ソフトウェア ジャパン株式会社 が販売とサポートの提供を行っている。


サポート環境[編集]

Linux, AIX, Solaris, Cray, IBM BlueGene, Cell, Apple


開発元[編集]