Template:Portrait right

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gnome-stock person.svg
Nuvola apps important.svg
人物の容貌・姿態を撮影・描写した画像

この画像には、存命中の人物(死亡後間もない人物を含む)の容貌・姿態を撮影し、または描写した写真・イラストが含まれます。この画像を、容貌・姿態が撮影、描写された者(以下、「被撮影者」という)の人格的利益を侵害し、あるいは被撮影者が獲得した顧客吸引力を発揮する態様により使用する行為は、被撮影者または被撮影者の肖像を管理する団体等(以下、「管理団体等」という)との関係で不法行為(肖像権、パブリシティ権の侵害)となるおそれがあります。この画像を使用する前に、予定する使用目的および方法の適法性を必ず確認するとともに、必要があるならば、被撮影者または管理団体等の承諾を得てください。この画像を使用した結果生じた権利侵害の責任は、この画像の使用者が負うものとします。ウィキペディア日本語版の免責事項および著作権規定もお読みください。


注意:上記の制限は、本画像の著作権法上の利用条件とは独立して生じます。著作権表示タグを使用し、本画像の著作権の状態またはライセンス条件を必ず別掲してください。

Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]


このタグの使用対象[編集]

このタグは、著作権法上はフリーであっても、被撮影者の肖像権やパブリシティの権利が働くことにより、結果的に画像の自由利用に制限が生じることを警告するためのものです。

具体的には、以下のような画像が対象となります。

  • 被撮影者の承諾を得ることなく、被撮影者の容貌・姿態を撮影し、その写真をウィキペディア日本語版にアップロードしたとき。
    • Wikipedia:画像利用の方針#肖像権についての例外(ただし書き)が適用できない場合は、このテンプレートを使用してもアップロードできない。ただし、例外規定が適用できない画像がアップロードされた場合は、削除されるまでは、このテンプレートを貼付してもよい。
  • 被撮影者の承諾を得て、被撮影者の容貌・姿態を撮影し、その写真をウィキペディア日本語版にアップロード(GFDLなどの著作権法上のフリーライセンスの下で利用を許諾)したが、被撮影者の肖像権やパブリシティ権を侵害する態様による利用は禁止したいとき。

使用方法[編集]

ファイルページに、著作権表示タグとは別途に {{Portrait right}} のタグを貼付してください。

このタグは著作権表示用ではありませんので、単独では使用できません。必ず著作権表示タグと併用してください。