TOW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BGM-71 TOW
Bombeiros de Vigo manipulando un TOW da BRILAT durante unha exhibición.JPG
種類 対戦車ミサイル
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1970年–現在
配備先 #運用国の項目を参照
開発史
開発者 ヒューズ・エアクラフト
開発期間 1963–1968
諸元
全長 1.16–1.17m(プローブ収納状態)
1.41–1.51m(プローブ展開状態)
翼幅 0.46-m
砲身内径 0.152m
弾体直径 0.152m

炸薬量 3.9–5.9kg

行動距離 最大3,750m 
誘導方式 半自動指令照準線一致誘導方式(SACLOS)

TOW(トウ)は、アメリカ合衆国で開発された対戦車ミサイル。名称は Tube‐launched, Optically‐tracked, Wire‐guided(発射筒で発射され、光学的に追跡され、有線で誘導される)の頭文字に由来する。アメリカ軍における制式名称はBGM-71

1970年以来、世界で最も多く利用される対戦車ミサイルである。現用のTOWは、第3世代主力戦車装甲を貫通できるとされている。陸上自衛隊では、1982年からAH-1S専用に導入されている。

概要[編集]

TOWミサイル

ミサイルはチューブ型コンテナに納められており、発射機にチューブごと装着して発射する。この発射機は約7年間整備なしに使用できるとされている。誘導方式は半自動指令照準線一致誘導方式(SACLOS)であり、ミサイルの出す光と照準中心とのズレを修正する事で誘導する。そのため発射から着弾まで射手が照準中心に目標を捕らえ続ける必要がある。発射後もミサイルと発射機は二本のワイヤーで接続されており、誘導情報はそのワイヤーにより電気的にミサイルへ伝達される。

アメリカ陸軍のほか、陸上自衛隊西側諸国の多くで使われており、歩兵による運用のほか、車載型ミサイルや攻撃ヘリコプターに搭載されて運用される。長年の使用に伴い弾頭や誘導方式に改良が加えられ、さまざまなバリエーションがある。

しかし、着弾まで誘導し続ける必要があることから、誘導時間中に敵に発見・反撃される危険があり、現在は撃ち放し式TOWの導入が課題となっている。

歴史[編集]

レッドストーン兵器廠による、後のTOWとなる将来型HAW(Heavy Antitank Weapon)システムのための最初のコンセプトモックアップ

開発はヒューズ・エアクラフト1963年から1968年にかけて行われ、地上およびヘリコプターからの射撃性能を持つXBGM-71Aが試作された。1968年に試作品の試験契約が結ばれ、1970年までアメリカ陸軍で運用試験が行われた。

地上発射型はM40 106mm無反動砲MGM-32A対戦車ミサイルの後継として、ヘリコプター搭載型はAGM-22空対地ミサイルの後継装備品として採用された。

1972年からはベトナム戦争に投入され、南ベトナム側に配備されたTOWは、UH-1Bヘリコプターに搭載され、北ベトナム軍によるイースター攻勢と対峙した。TOWは改修を重ね、1978年にはTOW改、1983年にTOW 2AおよびBと発展し、2014年現在でも改修は続いている。

イラク戦争でもアメリカ軍はTOWを運用している。2003年7月22日の攻撃でも使用され、この攻撃でウダイ・フセインクサイ・フセインが死亡した。

派生型[編集]

現在はレイセオンがヒューズからライセンスを取得し、生産と開発を行っている。

制式名称 通称 概要
XBGM-71A・BGM-71A TOW ヒューズ製 試作および初期生産型TOW。
BGM-71B TOW BGM-71Aからの改良。射程の延長。
BGM-71C ITOW(improved TOW, TOW改) BGM-71Bからの改良。炸薬の改良。
BGM-71D TOW 2 BGM-71Cからの改良。誘導装置とロケットモーターの改良および弾頭の大型化。
BGM-71E TOW 2A BGM-71Dからの改良。爆発反応装甲に対応したタンデム弾頭の採用。
BGM-71F TOW 2B BGM-71Dからの改良。ホップアップによる上面攻撃性能の付加。
BGM-71G BGM-71Fからの派生。徹甲弾。試作品のみ。
BGM-71H TOW Bunker Buster BGM-71Eからの改良。バンカーバスター型。
TOW 2N ワイヤレス型。
FOTT 開発計画のみ。
TOW-FF 開発中。撃ち放し式
TOW 2B Aero TOW 2B(BGM-71F)からの改良 射程の延長。旧名:TOW 2B(ER)

ヒューズは、1989年にワイヤレス型のTOW 2Nを開発したが、アメリカ軍には採用されなかった。レイセオンはTOWの改良を続けているが、FOTT(Follow-on to TOW, TOW後継装備)計画は1998年に中止され、TOW-FF(TOW Fire and Forget, 撃ち放し式TOW)計画も2001年3月に短縮が決定した。2001年から2002年、レイセオンとアメリカ陸軍は、TOW 2Bのさらなる長射程化を共同で研究した。これは当初TOW 2B(ER)と呼ばれていた(ER=extended range=射程延長)が、現在はTOW 2B Aeroと呼ばれている。これは2004年から生産されているが、「BGM-○○」といった米軍の制式名称は未だ定められていない。

現用のTOWは撃ち放し式ではなく、半自動の有線指令方式であり第2世代のミサイルに近い。つまり、誘導装置は発射装置に接続されていて、射手は命中まで目標を見続ける必要があるということである。このため、撃ち放し式のTOWや、撃ち放し可能な後継機種の開発が進められている。

イラン革命前のパフラヴィー朝時代に購入したTOWのリバースエンジニアリングを行い、コピーにあたるトゥーファンを製造している。

運用[編集]

TOWは、アメリカ軍ではBGMに該当し、これは、地上および空中射撃(B)、対地攻撃用(G) 、誘導弾(M)の意味である。「B」は、ミサイルそのものが無改造で各種の発射機から射撃できるものにのみ付与される。

ハンヴィー

M220発射機歩兵が使用するが、搭載可能な車種も多くあり、M151ジープM113装甲兵員輸送車M966ハンヴィーなどである。この発射機は、設計上は個人携行が可能だが、実際には巨大すぎるとの声がある。赤外線センサーによる夜間射撃性や、軽量化といった改良も加えられている。

M901 ITV

M2/M3ブラッドレーM1134ストライカー装甲車ATGMM901 ITVには、各種車両専用の発射機も開発されている。これらの車両は、TUA(TOW Under Armor)と呼ばれることもある。カナダ軍は、1990年代ボスニア紛争にこれらの車両を派遣している。

TOWミサイル発射機

ヘリコプターの場合、AH-1 コブラ搭載のM65射撃統制システムが最初であるが、UH-1ヒューイ用のXM26も開発された。AH-56 シャイアン用のシステムも開発が着手されたものの、後に中止された。AH-1は、最大8発をチューブ型ランチャーに装填された状態で、胴体中央部左右のスタブウイングに搭載する。

M41 TOW ITASImproved Target Acquisiton System、改良型目標捕捉システム)は、M220発射機とハンヴィー専用発射機の後継機である。ITASは現在、航空機に搭載されるか、アメリカ陸軍アメリカ海兵隊およびその予備軍の歩兵用に運用されている。ITASは、対戦車部隊の攻撃力向上に加えて、混成隊に不可欠な機能を与えている。TOW ITASを装備した対戦車部隊は、脅威度の高い目標を撃破できるのみならず、偵察・目標捕捉能力を有し後方射界や市街地戦闘能力に優れる。

蛇足だが、練度の低い兵士がこの兵器で敵戦車を撃破したという記録も残っており、それが評価へ影響を与えた一因となっている。

運用国[編集]

南北アメリカ
アジア
ヨーロッパ
アフリカ

登場作品[編集]

ゲーム
SACLOS誘導方式が再現されており、目標に命中するまで照準を合わせ続ける必要がある。
飛行機のみの装備アイテムであり、光学画像誘導と爆破タイミングを決めることが可能。
様々なステージに配置されている他、ハンヴィーにも搭載されている。
  • 『エアロダンシング 4 New Generation』
AH-1S対戦車ヘリコプターに搭載されており、目標に命中するまで標的を画面内に保持し続けることで誘導方式を再現している。
ジープに搭載されたものを使い、北ベトナム軍のT-55を撃破する任務がある。
歩兵用、戦車用、戦闘ヘリコプター用の3つが出ており、歩兵用と戦車用は誘導機能が再現されている。
また、中でも歩兵用はSACLOS誘導方式が再現されており、目標に命中するまで照準をあわせなければならない他、曲がり角を曲がらせるとコードが切れ、ミサイルが暴走するところまで再現されている。
固定式、歩兵戦闘車用、高速戦闘艇用、戦闘ヘリコプター用が登場。
誘導方式が再現されており、目標に命中するまで照準を合わせ続ける必要がある。しかし、一定の時間がたつと操作不能になる。
メタルギア月光に搭載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]