SCRIPT/VS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SCRIPT/VS
開発者 IBM
拡張 GML
テンプレートを表示

SCRIPT/VSは、1980年代IBMによって開発されたテキスト・フォーマッティング言語(文書整形言語)である。

概要[編集]

SCRIPT/VSはインライン・コマンドを使用する。例えば「.ce」は文字のセンタリング(中央揃え)を、「.sp 3」は3行分の縦の空白である。

IBMのGeneralized Markup Language(GML) は、SCRIPT/VSコマンドのセットをカプセル化したマクロ言語である。SCRIPT/VSが物理的な書式設定を記述するのに使われるのに対して、GMLは文書の論理的な構造を記述するために使われた。SCRIPT/VSとGMLは、System/370プラットフォーム用のIBMのソフトウェア製品であるDocument Composition Facility (DCF)に含まれた。DCF/GMLは後にIBMのソフトウェア製品であるBookmasterともなった。

後のStandard Generalized Markup Language (SGML)はGMLの後継である。

フォーマッティング・コマンドの例[編集]

  • .sp - スペース(空白)
  • .ce - 中央揃え
  • .im - メディアの組み込み
  • .lf - 左揃え
  • .ju - 正規化
  • .rh / R / C / L - ランニングヘッダー
  • .rf " - ランニングフッター

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]