ParisTech

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パリテクParisTech:Institut des sciences et technologies de Paris)とは、フランスの技術系高等教育機関である。

1991年、フランスにおいて複数の一流の工学学校"écoles d'ingénieurs"が共通の分野において互いに緊密な連携を促進するため、共同体を設立する必要性が高まってきた。また、それによって十分な規模と重要性を持つ組織として、国際的な評価を獲得することが必要だと考えられた。ParisTechはこれらの要件を満たすための組織として設立された。すべての科学的、または技術的な分野を網羅するため、ParisTechは世界の最も有名な工学大学と同等の地位を備えた科学・工学大学の形を取っている。

公的には、ParisTechは専門局と省庁長官によって支えられるフランス大統領を総裁とする公的学術機関であり、理事による委員会によって運営されており、戦略的指導の顧問と科学顧問の助言が与えられる。理事による委員会は各大学や組織から研究者、教授、学生責任者と同様に、一名の責任者を集める。

大学と組織[編集]

ParisTechのメンバーは名声ある公的な学術機関または研究機関であり、それらの多くは18世紀に設立された機関である。幾つかの機関は科学における多方面にわたる研究を行っている。例えば、有名なエコール・ポリテクニークパリ国立高等鉱業学校国立土木学校などは、さらに専門化した研究分野を提供している。 これまでに、それらの分野においてParisTechは工学と科学の発展の最前線に立ち続けてきており、またフランス工業において成果を上げる技術者を養成し続けてきた。ParisTechはまた、ヨーロッパで最高の工学大学の提携であるIDEA Leagueの一員であり、ATHENS programmeUNITECH International Societyのメンバーでもある。

ParisTechのメンバーの大学と組織は以下の通りである。


  • 国立土木学校, 1747年設立
  • AgroParisTech (Paris Institute of Technology for life, food and environmental sciences), founded in 2007, as a result of the merger between different agronomy colleges
  • École nationale de la statistique et de l'administration économique, 1942年設立
  • École nationale supérieure d'arts et métiers, 1780年設立
  • École nationale supérieure de chimie de Paris, 1896年設立
  • パリ国立高等鉱業学校, 1783年設立
  • École nationale supérieure des télécommunications, 1878年設立
  • 国立先端技術学校 (École nationale supérieure de techniques avancées), 1970年設立
  • エコール・ポリテクニーク, 1794年設立
  • École supérieure de physique et de chimie industrielles de la ville de Paris, 1882年設立
  • 光学研究所大学院、Institut d'Optique Graduate School, 1917年設立

規模[編集]

  • 学生: 訳12 000名(13%が留学生)
  • 博士課程: 2 000名
  • 教授・研究員: 3 000名
  • 卒業生: 75 000名 (職場において大学や組織と多くのつながりを持つ)

研究:

  • 130の研究室
  • 毎年450の卒業論文
  • 15 000の出版物(過去5年間)
  • 2870の企業との共同研究提携

学問 :

  • 2 500の工学修士を輩出
  • DEAにおいて132の専攻過程
  • 57の専攻修士
  • 15のParisTech工学修士課程

外部リンク[編集]