PROBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PROBA-1
所属 ESA
主製造業者 Verhaert (現QinetiQ Space)
公式ページ PROBA-1
国際標識番号 2001-049B
カタログ番号 26958
状態 運用中
目的 技術実証
設計寿命 2年
打上げ場所 サティシュ・ダワン宇宙センター
打上げ機 PSLV-C3
打上げ日時 2001年10月22日
物理的特長
本体寸法 0.4m x 0.6m x 0.8m
質量 94kg
発生電力 90W
姿勢制御方式 3軸姿勢制御
軌道要素
周回対象 地球
近点高度 (hp) 681km
遠点高度 (ha) 561km
軌道傾斜角 (i) 97.9度
軌道周期 (P) 97分
回帰日数 7日
観測機器

PROBA(Project for On-Board Autonomy)は欧州宇宙機関MicroSat計画の一環として、2001年に打ちあげられた人工衛星。PROBAシリーズ1号機にあたる。

概要[編集]

元々は1998年中ごろに始まったESAの技術実証ミッションであり、ESAのGSTプログラム(General Support Technology Programme)の枠組みの中で資金が出ていた。

PROBA-1は、寸法40×60×80cm、重量95kgの箱型をした小型衛星で、表面にソーラーパネルが取り付けられている。32ビット耐放射線マイクロプロセッサなどを搭載し、これからの大型衛星にも利用できる製品や技術を検証するほか、できるだけ地上からの制御を減らして自律的に作業を行うことを目的としている。設計寿命は2年で[1]、小型高分解能イメージング・スペクトロメータ(CHRIS)、高解像度カメラ(HRC)、広角カメラ(WAC)、宇宙放射線環境モニター(SREM)などを搭載している。OSとしてVxWorksが採用されている[2]

2001年10月22日にインドの技術実証衛星TESと共にPSLV-C3ロケットによって打ち上げられ太陽同期軌道に投入された。軌道上チェックアウトを行った後、2002年4月から科学データの収集を開始し、打ち上げから10年を達成した2011年11月現在も稼働中である[3]

後継機のPROBA-2は2009年11月2日にロシアのロコットロケットで打ち上げられた。PROBA-2は太陽観測をミッションとする衛星である。

更なるシリーズ機であるPROBA-3英語版およびPROBA-V (Proba Vegetation)も予定されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]