OECDテストガイドライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

OECDテストガイドラインは、化学物質やその混合物の安全性を評価するための国際的に合意された試験方法のコレクションである。この化学物質には工業化学品や殺虫剤などが含まれている[1]。 その他の物質を含め物質を管理する法令(例:化審法[2]TSCAなど[3][4]REACH[5])や国際的合意の技術的基礎試験の一つとなっている。GHS分類のための基本的情報源でもある。

このテストガイドラインは、化学物質に関する、物理化学的性質、人健康への影響、環境への影響、及び、環境における分解や蓄積のためのテストをカバーしている。[1]

テストガイドラインの構成[編集]

大きく分けて4つのセクションからなる。

  • セクション 1: 物理化学的性質[6]
  • セクション 2: 生態系への影響[7]
  • セクション 3: 生物分解及び生物濃縮[8]
  • セクション 4: 人健康影響[9]
  • セクション 5: その他[10]

各論[編集]

セクション1 物理化学的性質[編集]

OECDの物理化学的性状の試験項目は化学物質等の各種規制(化審法, MSDS, 農薬等)のための必要な試験となっている。例えば、融点沸点蒸気圧密度水溶解性分配係数(水/オクタノール)解離定数加水分解性土壌吸着性熱安定性、UVスペクトル測定等[11]

セクション2 生態系への影響[編集]

セクション3 生物分解及び生物濃縮[編集]

セクション4 人健康影響[編集]

セクション5 その他[編集]

出典[編集]

外部参照[編集]