Locator/Identifier Separation Protocol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IPアドレスには現在2つの役割がある。

  • 相手の識別子。ローカルなネットワークにおいてそのネットワークインターフェイスをユニークに識別する
  • ルーティングのための識別子。大規模なルーティングにおいてそのネットワークインターフェイスがどこに接続されているかを識別する

2つの役割を分離してインターネットをよりスケールさせる方法がいくつか提案されてきた。ネットワーク側の解決策としてLocator/Identifier Separation Protocol (LISP)やGSE/8+8、ホスト側の解決策としてSHIM6やHIPなどがある。

Locator/Identifier Separation Protocolでは、ネットワークを構成する要素(ルーター)が個体識別子 (EID) と位置識別子 (RLOC) をマッピングする役割を担う。その処理は末端のホストからは見えない。

LISPの優位性[編集]

  • BGPやAS番号、PIアドレスによらない安価なマルチホーミング
  • アドレスファミリーの横断: IPv6からIPv6 over IPv4や、IPv4からIPv4 over IPv6など

外部リンク[編集]