G2ZT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
G2ZT
識別情報
CAS登録番号 1025740-53-7
特性
化学式 C6H14N22
モル質量 394.324 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

G2ZTは、ビステトラゾールの一つ。トリメチレントリニトロアミンに匹敵する非常に強力な爆薬であるが、爆発したときのアンモニアシアン化水素などの有害生成物の発生は少ない。ジニトロアミドアンモニウムまたは硝酸アンモニウムを酸化剤としたとき爆燃によるシアン化水素の生成は減少すると推定される。したがって、この化合物はその支持者から、より環境に優しいニトロアミン塩基爆薬であると考えられている[1]

G2ZTは、ビス(3,4,5-トリアミノ-1,2,4-トリアゾリウム)5,5'-アゾテトラゾレート【bis(3,4,5-triamino-1,2,4-triazolium) 5,5'-azotetrazolate】としても知られる。

出典[編集]

  1. ^ Choi, Charles. "Environmentally Friendly Bombs Planned", Live Science, May 27, 2008.

参考文献[編集]

  • Klapötke, Thomas M.; Sabaté, Carles Miró (2008). “Bistetrazoles: Nitrogen-Rich, High-Performing, Insensitive Energetic Compounds”. Chemistry of Materials 20: 3629. doi:10.1021/cm703657k.