B-Method

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

B-Methodとは、AMN(Abstract Machine Notation)という仕様記述言語(兼プログラミング言語)を中心とした形式手法に基づいたソフトウェア開発手法である。B-Method で使用する形式手法やそのツール群は単に B と呼ぶ。

概要[編集]

Jean-Raymond Abrial を中心としてフランスおよびイギリスで開発された。Abrial の開発したZ言語とも関連しており、仕様からのプログラミング言語コード作成をサポートしている。ヨーロッパでは、大規模なインフラシステムで利用されており(パリメトロ14号線など)、産業界の注目を集めつつある。堅牢で商業利用可能なツールが提供されており、仕様記述設計検証ソースコード生成が可能である。

Z言語に比較して抽象化レベルが低く、単なる形式仕様記述というよりもコードへの詳細化に重きを置いている。そのため、B で書かれた仕様はZ言語の場合よりも実装が容易である。特にそのために様々なツール群が用意されている。

参考文献[編集]

  • The B-Book: Assigning Programs to Meanings, Jean-Raymond Abrial, Cambridge University Press, 1996年. ISBN 0-521-49619-5.
  • The B-Method: An Introduction, Steve Schneider, Palgrave, Cornerstones of Computing series, 2001年. ISBN 0-333-79284-X.
  • Software Engineering with B, John Wordsworth, Addison Wesley Longman, 1996年. ISBN 0-201-40356-0.
  • The B Language and Method: A Guide to Practical Formal Development, Kevin Lano, Springer-Verlag, FACIT series, 1996年. ISBN 3-540-76033-4.
  • Specification in B: An Introduction using the B Toolkit, Kevin Lano, World Scientific Publishing Company, Imperial College Press, 1996年. ISBN 1-86094-008-0.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この記述は GNU Free Documentation License のもとに公開されているコンピュータ用語辞典『 Free On-line Dictionary of Computing (FOLDOC) 』に基づいています。