AMIスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AMIスタジアム
"ランキャスター・パーク"
施設情報
所在地 ニュージーランドクライストチャーチ
位置 南緯43度32分31秒 東経172度39分15秒 / 南緯43.54194度 東経172.65417度 / -43.54194; 172.65417
開場 1881
拡張 2009
運用者 VBase Venue management
旧称
ランキャスター・パーク (1881-1998), ジェイド・スタジアム (1998-2007)
使用チーム、大会
クルセイダーズ (スーパーラグビー) (1996-現在), カンタベリー (ITMカップ, ラグビー)
収容能力
38,628[1]
AMIスタジアム(旧ジェイド・スタジアム 2005年撮影)

AMI スタジアムエー・エム・アイ - : AMI Stadium)は、ニュージーランドクライストチャーチに所在する競技場1998年までランキャスター・パーク、1998年から2007年までジェイド・スタジアムと呼ばれた競技場。

概要[編集]

1880年設立。同競技場は1881年より1998年までランキャスター・パーク(Lancaster Park)の名称で呼ばれたが、1998年に命名権制度(ネーミング・ライツ)を導入し、競技場の名称を有期売却する方針を決定した。そのため1998年から2007年までの10年間の命名権をソフトウェアー会社のジェイドへ売却し、ジェイド・スタジアム(Jade Stadium)と呼ばれた。2007年に損害保険会社のAMIへ売却したため、現在はAMIスタジアムと呼ばれている。観客席(スタンド)も命名権制度により売却され、観客席ごとに異なる名称がついている。競技場の運営管理は、クライストチャーチ市が出資した運営会社VBASEが行っている。なお、VBASEはクライストチャーチ・タウンホール他、ホール、競技場の運営管理も担当している。

現在はカンタベリーラグビー協会の本拠地であり、スーパーラグビークルセイダーズの本拠地でもある。夏季にはクリケットの国際大会競技場としても使用される他、ラグビーリーグサッカー陸上競技、コンサート会場としても使用される。

2002年の改修工事を経て現在の座席数は38,628席。コンサート会場として50,000人を収容できる。コンサート会場としてU2ボン・ジョヴィビリー・ジョエルほか多くのコンサートが行われた。

ラグビーワールドカップ開催時は座席数を45,000席へ拡張したが、2011年2月に発生したカンタベリー地震の被害を受け[2]、開催を断念した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]