37mmトレンチガンM1915

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
37mmトレンチガンM1915
37 mm K 15 Rosenberg 1.JPG
37mmトレンチガンM1915
種類 歩兵砲
諸元
重量 180.1 kg (397 lbs)

口径 37 mm (1.45 in)
砲身 19 口径長
反動 データ無し
仰角 -5度から+15度
旋回角 90度

37mmトレンチガンM1915ロシア語:Траншейная37-ммпушкаобр1915года) は、第一次世界大戦ロシア軍が使用した歩兵砲である。

概要[編集]

1914年の後半、第一次世界大戦の戦況が塹壕戦へと移り変わると、敵が据え付けた機関銃や、他の強固な拠点に対抗して投入するための、高い機動性を持った砲の必要性が明らかとなった。1915年、砲兵委員会のメンバーの一人であったM・F・ローゼンベルグ大佐はこのような要求に応じる兵器を開発した。これは機関銃座の内部に据砲するには充分にコンパクトであった。その重量は約180Kg程度で、砲身(約74Kg)、砲床(82Kg)と車輪(25Kg)の三つに分解することができ、これにより移動がたやすいものとなった。敵の砲火から砲兵員を防護するため、この砲は厚さ6mmから8mmの防楯を装備した。この兵器は、約1マイルすなわち約1.6kmほどの射程において充分な精度を有した。これは歩幅1,000から1,200歩に相当するが、歩幅は通常、歩行する人間に依存するであるため、これは均一な尺度ではない。

外部リンク[編集]

1ポンド榴弾の内部構造。