2-ホルミルピリジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2-ホルミルピリジン
識別情報
CAS登録番号 1121-60-4 チェック
PubChem 14273
ChemSpider 13635 チェック
特性
化学式 C6H5NO
モル質量 107.11 g mol−1
密度 1.126 g/mL
沸点

181 °C, 454 K, 358 °F

関連する物質
関連するアルデヒド サリチルアルデヒド
キノリンカルバルデヒド
関連物質 ピコリン酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

2-ホルミルピリジン(2-formyl pyridine, 2-pyridyl carboxaldehyde)は化学式がC6H5NOの有機化合物。独特な臭気を持つ油状の液体。

反応[編集]

アルデヒド基は求核攻撃を受けやすく、特にアミンによってシッフ塩基を形成する。薬品のプラリドキシムは2-ホルミルピリジンから二段階の反応過程で合成される。

2-ホルミルピリジンから誘導されるシッフ塩基は錯体化学では二座配位子として使われる。2-ホルミルピリジンから形成するイミンは水に対して不安定であるが、イミノピリジン錯体は非常に安定である[1]

出典[編集]

  1. ^ Mal, P.; Breiner, B.; Rissanen, K.; Nitschke, J. R. (2009). “White Phosphorus is Air-Stable Within a Self-Assembled Tetrahedral Capsule”. Science 324 (5935): 1697–1699. doi:10.1126/science.1175313. PMID 19556504.