2インチ中迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2インチ中迫撃砲
Loading2inchMortarBalkanFront.jpg
British troops loading a 2 inch trench mortar
種類 迫撃砲
原開発国 イギリスの旗 イギリス
運用史
配備期間 1915 - 1917
配備先 イギリス
関連戦争・紛争 第一次世界大戦
開発史
製造業者 ヴィッカース
諸元
重量 105 lbs (47.6 kg)
銃身 砲身:36インチ(914mm)
全体:40.85インチ(1,037mm)
要員数 5 per mortar
25 per battery of 4[1]

砲弾 榴弾 51 lb(23.13kg)
発煙弾
口径 2 inch (50.8 mm)
mortar barrel, not bomb
砲身 砲身:36インチ(914mm)
全体:40.85インチ(1,037mm)
有効射程 最小:100ヤード(91.4 m)
最大:570ヤード(521.2 m)
depending on charge
弾頭 アマトール, アンモナル
炸薬量 12.5 lb (5.6 kg)[2]

2インチヴィッカース中迫撃砲英語: 2 inch Vickers Medium Trench Mortar)とは、第一次世界大戦イギリス軍が使用していた中迫撃砲である。

スピガット・モーター式、すなわち砲弾が砲身よりも大きいタイプの迫撃砲であり、タフィー・アップル(Toffee Apple)[3]、またはプラム・プディング(Plum Pudding)[4]というあだ名を付けられていた。

1915年後半から1917年前半まで使用されていたが、あまり性能が良くなかったため、ニュートン6インチ迫撃砲に置き換えられた。

転用[編集]

1918年の春には迫撃砲として使用されなくなった後、余った砲弾は対戦車地雷に転用された。その多くは地雷用の信管を付けて西部戦線に埋められた。

地雷を設置した場所の資料が不十分だったため、戦後も地雷が残ることになり、フランスでは1930年代まで地雷による犠牲者が出ていた。

画像[編集]

リファレンス[編集]

  1. ^ "No. 351/38. Medium Trench Mortar Battery (Consisting of four mortars)". War Establishments, General, 1916. September 18, 1916.
  2. ^ "Appendix E. Details of Ammunition"
  3. ^ タフィーには射撃がへたくそ(can't shoot for toffee)なリンゴという意味を含んでいる。
  4. ^ プディングにはイギリス英語で「小柄で太った人」と言う意味がある。