郁久閭トウ叔子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「郁久閭鄧叔子」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

郁久閭鄧叔子(いくきゅうりょ とうしゅくし、拼音:Yùjiŭlǘ Dèngshūzǐ、? - 555年)は、柔然最後の可汗(カガン:君主)。阿那瓌の叔父。

生涯[編集]

西魏廃帝元年(552年)1月、突厥土門は兵を発して柔然を撃ち、懐荒の北で大破した。これによって可汗の阿那瓌は自殺し、その子の菴羅辰北斉に奔走したため、柔然の別部は阿那瓌の叔父である鄧叔子を立てて主とした。土門は自ら伊利可汗と号し、北斉と通使を往来させた。伊利可汗が亡くなり、息子の乙息記可汗が即位すると、突厥は鄧叔子を沃野の北にある木賴山(賴山)[1]で破った。

西魏の廃帝2年(553年)、乙息記可汗が亡くなり、その弟の木汗可汗(木杆可汗)[2]が即位すると、突厥はふたたび鄧叔子を撃破する。

西魏の恭帝2年(555年)、遂に鄧叔子はその部族千余家を率いて関中に奔走した。勢い盛んな突厥であったが、西魏と通好を望んでいたことと、鄧叔子の余衆が中国の援助を得ることを恐れたため、木杆可汗は使者を続けざまに送って鄧叔子らの誅殺を請願した。西魏の宇文泰はこれを許可し、鄧叔子以下三千余人を捕縛して突厥使者に引き渡し、長安の青門外で殺させた。中男(11歳以上17歳未満の男子)以下は免れ、みな西魏の王公家に配られた。

脚注[編集]

  1. ^ 『周書』は「木賴山」、『北史』は「賴山」と表記。
  2. ^ 『周書』は「木汗可汗」、『北史』は「木杆可汗」と表記。

参考資料[編集]

先代:
阿那瓌
柔然可汗
552年 - 555年
次代:
-