遠藤章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遠藤章
人物情報
生誕 1933年11月14日(81歳)
日本の旗 日本 秋田県
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
出身校 東北大学
学問
研究分野 細菌学
研究機関 東北大学
三共 (製薬会社)
アルバート・アインシュタイン医科大学
東京農工大学
金沢大学
一橋大学イノベーション研究センター
主な業績 スタチンの発見と開発
主な受賞歴 日本国際賞 (2006)
アルバート・ラスカー臨床医学研究賞 (2008)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

遠藤 章(えんどう あきら、1933年11月14日 - )は、日本の生化学者、応用微生物学者。東北大学農学博士。1957年東北大学農学部を卒業し三共株式会社入社。三共株式会社研究所室長、東京農工大学農学部教授を経て、1997年東京農工大学名誉教授、株式会社バイオファーム研究所代表取締役所長。東北大学特任教授、金沢大学客員教授、早稲田大学特命教授一橋大学イノベーション研究センター客員教授、東京農工大学特別栄誉教授秋田県由利本荘市旧東由利町)出身。

業績[編集]

1933年に農家に生まれ、少年時代から菌類に親しむ。東北大学農学部在学中は、青カビからペニシリンを発見したアレクサンダー・フレミングを知り、傾倒する。1957年同大を卒業して三共株式会社に入社し、果汁と果実酒の清澄化に用いるペクチナーゼという菌類の酵素を発見して2年後に商業化に成功。1966年東北大学農学博士。論文の題は「Studies on pectolytic enzymes of molds(糸状菌のペクチン質分解酵素に関する研究) 」1966年から1968年、アルバート・アインシュタイン医科大学(ニューヨーク)に留学。コレステロールが米国で年間数10万人が死亡する心筋梗塞の主要な原因であることを知る。帰国後有効なコレステロール低下剤の開発を目指して、2年間に6000株の菌類を調べ、1973年に青カビペニシリウム・シトリヌム)の培養液からコレステロール合成阻害剤 ML-236B(コンパクチン)を発見。予想に反してコンパクチンがラットのコレステロールを下げないために、1974年初めに開発が中止される。同じ頃、イギリスの研究者もコンパクチンを発見したが、ラットに無効なことを理由に開発を中止。その後遠藤はラットに効かない原因を突き止め、1976年4-7月、同僚の獣医師と共に、コンパクチンが産卵イヌのコレステロールを劇的に下げることを示す。しかしながら、翌年の1977年春には、ラットに肝毒性があるとして、再度開発中止の危機に直面。それでも「コンパクチンが安全で有効な薬になる」と信じていた遠藤は、大阪大学医学部の山本章医師と協力して、1978年2月、コンパクチンによる重症患者の治療に踏み切る。同年夏までに最重症の家族性高コレステロール血症ホモ接合体を除く重症患者8名で安全性と劇的なコレステロール低下作用を認め、コンパクチンの再復活を果たす。ところが1980年夏には発ガン性があるとする誤判断で開発を完全に中止。一方、三共を追随してスタチン2号となるロバスタチンを発見した米国のメルク社は、膨大な毒性試験で発ガン性がないことを証明し、三共を追い越して1987年にメバコーン®発売に漕ぎ着ける。その後、三共のプラバスタチン(商品名:メバロチン®)など6種のスタチンが商業化される。これらスタチンは心筋梗塞と脳卒中の予防のために、世界で毎日約4000万人に投与され、ペニシリンと並ぶ奇跡の薬と呼ばれる。2005年にはスタチンの年間総売上が270億ドル(3兆円)に達する。なかでも、ファイザーアトルバスタチン(商品名:リピトール®)は世界の医薬品売り上げの1位を占めるブロックバスターとなっている。

遠藤のこれらの研究は、1985年にノーベル生理学・医学賞を受賞した米国のマイケル・ブラウンジョーゼフ・ゴールドスタインによるコレステロール代謝の研究にも大きく貢献した。ブラウンとゴールドスタインは遠藤の日本国際賞受賞に際してお祝いのビデオメッセージを寄せている。2012年3月1日、全米発明家殿堂英語: National Inventors Hall of Fame)は、遠藤が日本人初の「発明家の殿堂」入りすると発表した[1]

略歴[編集]

  • 1953年3月 - 秋田市立高校(現 秋田中央高校)卒業
  • 1957年3月 - 東北大学農学部農芸化学科卒業
  • 1957年4月 - 三共株式会社(現第一三共株式会社)入社
  • 1966年9月 - 東北大学より農学博士 「Studies on pectolytic enzymes of molds(糸状菌のペクチン質分解酵素に関する研究)」
  • 1966年9月 - アルバート・アインシュタイン医科大学留学(1968年8月まで)
  • 1975年8月 - 三共株式会社発酵研究所研究第3室長
  • 1979年1月 - 東京農工大学農学部助教授
  • 1986年12月 - 同上教授
  • 1997年3月 - 同上定年退官
  • 1997年4月 - 同上名誉教授、株式会社バイオファーム研究所代表取締役所長
  • 2005年4月 - 金沢大学大学院医学系研究科脂質研究講座客員教授
  • 2007年6月 - 東北大学特任教授
  • 2008年9月 - 東京農工大学特別栄誉教授
  • 2009年4月 - 早稲田大学特命教授
  • 2009年11月 - 一橋大学イノベーション研究センター客員教授

受賞歴[編集]

  • 1966年4月 - 農芸化学賞(日本農芸化学会)
  • 1987年10月 - ハインリヒ・ウイーランド賞(西ドイツ)
  • 1988年3月 - 東レ科学技術賞(日本)
  • 2000年5月 - ウオーレン・アルパート賞[2][3](米国)
  • 2006年4月 - 日本国際賞(スタチンの発見と開発)[4]
  • 2006年11月 - シャウル・マスリー賞[5](米国)
  • 2008年9月 - アルバート・ラスカー臨床医学研究賞(米国)

栄典[編集]

脚注[編集]

参考文献・著書[編集]

外部リンク[編集]