財務省 (オーストラリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
財務省

財務省英語: Department of the Treasury)は、オーストラリアの連邦政府機関である。経済政策と予算の準備を所管する。長は財務大臣(Treasurer)。

沿革[編集]

連邦の財務省(Commonwealth Treasury)は1901年1月にメルボルンに設立された[1]。財務省は、税制、地税及び所得税並びに経済政策に集中している。

組織[編集]

財務省は財政、マクロ経済、歳入及び市場の4つの部局に分かれている。これらは、4つの政策を遂行するために作られた。

効果的な政府支出と税制の調整

財務省は予算政策の問題や、連邦の歳入と主要な会計及び金融の総計の動向、主要な支出計画、税政策、年金、連邦の金融政策保険について助言する。

健全なマクロ経済状況

財務省は、オーストラリア及び個屋外の経済状況と見込みを監視、評価し、効果的なマクロ経済政策の策定と実行について助言する。

良好に機能する市場

財務省は、安全な金融システムと健全な企業活動を促進するための政策の遂行と変更について助言し、製品とサービスの市場の競争における傷害を除去し、消費者保護や海外投資のような問題における公共の利益を保護する。

効果的な税制と年金の管理

財務省は、政府の税制と年金政策の調整と実行及び立法において、税収の予測と見積もりに関する重要な変化の情報を提供するとともに、 助言と支援を提供する。

金融規制[編集]

財務省は、オーストラリア健全性規制庁(Australian Prudential Regulation Authority、APRA)、オーストラリア証券投資委員会(Australian Securities and Investments Commission、ASIC)及びオーストラリア準備銀行とともに、 Council of Financial Regulators Working Groupを介して市場の相場師に対する適切な監督を確保し、必要に応じて危機管理を促進している[2]

財務次官[編集]

在任
George Allen 1901年1月1日 - 1916年3月13日
James Collins 1916年3月14日 - 1926年6月26日
James Heathershaw 1926年8月26日 - 1932年4月28日
Henry Sheehan 1932年4月29日 - 1938年2月28日
Stuart McFarlane 1938年3月24日 - 1948年1年29日
George Watt 1948年11月23日 - 1951年3月31日
Roland Wilson 1951年4月1日 - 1966年10月27日
Richard Randall 1966年10月28日 - 1971年10月31日
Frederick Wheeler 1971年10月1日 - 1979年1月5日
John Stone 1979年1月8日 - 1984年9月14日
Bernie Fraser 1984年9月19日 - 1989年9月18日
Chris Higgins 1989年9月19日 - 1990年12月6日
Tony Cole 1991年2月14日 - 1993年3月23日
Ted Evans 1993年5月24日 - 2001年4月26日
Ken Henry 2001年4月27日 - 2011年3月4日
Martin Parkinson 2011年3月7日 -

脚注[編集]

  1. ^ Our Department. The Treasury. Retrieved on 24 June 2012.
  2. ^ Finance and Markets”. The Treasury. 2012年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 南緯35度17分54.3秒 東経149度7分43.1秒