貞観式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

貞観式(じょうがんしき)は、平安時代初期に編纂・施行された。全20巻。

清和天皇貞観年間に藤原氏宗南淵年名大江音人菅原是善紀安雄大春日安永布瑠道永山田弘宗の8名によって編纂が行われ、貞観13年8月25日871年9月13日)に奏進され、同年10月22日(同年12月7日)のによって施行された。

既存の『弘仁式』を増訂・追補した諸規定・細則を集めて編纂し、『弘仁式』を廃止することなく、両方を併用する方式を採った。なお、『弘仁式』にある条文を改訂した場合には、その条文に「前式(さきのしき)」と明示して、その後に「今案(いまあんずるに)」という書き出しを用いて改訂内容を記載する表記法を取った。このため、編纂期間は短縮されて巻数も『弘仁式』の半分に収まったが、その一方で『弘仁式』と『貞観式』の両方を参照しなければならなかったために、却って不便を生じ、後に全面的改訂を施した『延喜式』を編纂して、『弘仁式』・『貞観式』の施行を停止する一因となった。

現在では一部が逸文として残されているものの、大部分が散逸している。

関連項目[編集]