西川祐尹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西川 祐尹(にしかわ すけただ、宝永3年〈1706年〉 - 没年不詳)とは、江戸時代中期の京都の浮世絵師

来歴[編集]

西川祐信の長男。通称は祐蔵。得祐斎と号す。京都の人。父祐信に絵を学び、肉筆美人画、絵本を多く描いた。「男舞図」のなかに「西川弐代」の印が見られるように、全く父の画風に倣い父を超えず、父の没後八年目にして、父の後を追うように53歳でこの世を去ったといわれる。絵本では宝暦2年(1752年)刊行の『絵本八重桜』、宝暦2年(1752年)-宝暦3年(1753年)刊行の『絵本鏡百首』二編6冊、宝暦3年刊行の『絵本みつの友』、宝暦4年(1754年)刊行の『絵本面美花(かおよはな)』などが挙げられる。 没年については宝暦12年(1762年)とする説や、あるいは明和9年(1772年)まで存命していたとする説もある。

作品[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]