統計的エネルギー解析法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

統計的エネルギー解析法(とうけいてきエネルギーかいせきほう、statistical energy analysis, SEA)とは、振動騒音の解析手法の一つで、構造系および音響系の要素の自由振動特性に基づき、統計平均的な考えを拡張した方法である[1]

一般的な振動の解析方法には固有モードに着目する実験モード解析法(EMA)、有限要素法境界要素法などがあるが、これらの方法はモードが多く存在する高周波数域の問題には適用が困難である。そのため、1960年代にR. H. Lyonにより、ロケットなどの高周波数域の振動予測、搭載機器の信頼性評価のために開発された。

この手法では、対象とする振動系を要素に分割して、各要素が持つ振動エネルギーを変数にして要素間のパワー平衡に注目し、要素間のエネルギー伝達を推定する。

参考文献[編集]

  1. ^ 大野進一; 山崎徹 『機械音響工学』 森北出版、2010年、157頁。ISBN 978-4-627-66751-8