管理情報ベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

管理情報ベース(Management Information Base, MIB)とは、通信ネットワークにおけるデバイスを管理するためのデータベースの一種であり、OSI/ISOネットワーク管理モデルをベースとして発展したものである。ネットワークにおける実体(ルーター、スイッチなど)を管理する(仮想)データベース内のオブジェクトの集合体から構成される。

概要[編集]

MIB内のオブジェクトは、Abstract Syntax Notation One(ASN.1)のサブセットである "Structure of Management Information Version 2 (SMIv2)" RFC 2578 で定義されている。その構文解析を行うソフトウェアをMIBコンパイラと呼ぶ。

データベースは階層型(木構造)であり、各エントリはオブジェクト識別子を通して識別される。MIBについての RFC としては、RFC 1155 "Structure and Identification of Management Information for TCP/IP based internets" があり、それに関連して RFC 1213 "Management Information Base for Network Management of TCP/IP-based internets" と RFC 1157 "A Simple Network Management Protocol" がある。

SNMPは、ルーターやゲートウェイやスイッチなどの管理対象オブジェクト(MIBオブジェクト)と管理コンソールなどの間のプロトコルであり、MIBを使用している。管理コンソールが制御するコンポーネントは、SNMPマネージャと通信するためのソフトウェアモジュール、いわゆるSNMPエージェントを必要とする。

SNMPは一連のコマンドとクエリを使用する。ネットワークをニーズに合わせてチューニングするため、MIBはそれらコマンドや対象オブジェクト(制御対象実体や潜在的な状態情報源)についての情報を格納している。

MIBオブジェクトは例えば次のようなものである。

  • ifOutQLen: 出力キュー長
  • atTable: アドレス変換テーブル(ARPテーブルなど)

RFC 1213 ではこれらを必須なものとして定義している。atTable を使わないような環境(DDN-X.25 など)では、atTable は単に空にしておく。このテーブルオブジェクトにはもちろん、テーブルの各エントリの定義 atEntry が含まれ、それぞれの atEntry にインタフェースに関する情報 (if) などが含まれる。

MIB は新たな機能を追加し、曖昧さを排除し、問題を修正するため、定期的に更新されている。それらの更新は RFC 2578 の10章に準拠する。何度も更新されているMIBの例として、もともと RFC 1213 "MIB-II" で定義された重要なオブジェクト群がある。MIB はその後分割され、RFC 4293 "Management Information Base for the Internet Protocol (IP)"、RFC 4022 "Management Information Base for the Transmission Control Protocol (TCP)"、RFC 4113 "Management Information Base for the User Datagram Protocol (UDP)"、RFC 2863 "The Interfaces Group MIB"、RFC 3418 "Management Information Base (MIB) for the Simple Network Management Protocol (SNMP)" などで定義されている。

MIBインデックス[編集]

MIBはIETFなどの標準化団体が定義する部分と、企業その他が定義する部分がある。

IETFが管理する部分[編集]

IETFの最初の5000のRFCのうち、318のRFCにMIB定義が含まれている。以下はそのごく一部である。

  • SNMP - SMI:RFC 1155 - Structure of Management Information (SMI)を定義している。
  • MIB-I: RFC 1156 - かつてCMIPで使われていたもので、SNMPでは使わない。
  • SNMPv2-SMI: RFC 2578 - Structure of Management Information Version 2 (SMIv2)
  • MIB-II: RFC 1213 - Management Information Base for Network Management of TCP/IP-based internets
  • SNMPv2-MIB: RFC 3418 - Management Information Base (MIB) for the Simple Network Management Protocol (SNMP)
  • TCP-MIB: RFC 4022 - Management Information Base for the Transmission Control Protocol (TCP)
  • UDP-MIB: RFC 4113 - Management Information Base for the User Datagram Protocol (UDP)
  • IP-MIB: RFC 4293 - Management Information Base for the Internet Protocol (IP)
  • IF-MIB: RFC 2863 - The Interfaces Group MIB
  • ENTITY-MIB: RFC 4133 - Entity MIB (Version 3)
  • ENTITY-STATE-MIB: RFC 4268 - Entity State MIB
  • ALARM-MIB: RFC 3877 - Alarm Management Information Base (MIB)
  • ファイバーチャネル
    • FC-MGMT-MIB: RFC 4044 Fibre Channel Management MIB
    • FIBRE-CHANNEL-FE-MIB: RFC 2837 Definitions of Managed Objects for the Fabric Element in Fibre Channel Standard
  • HPR-IP-MIB: RFC 2584 - Definitions of Managed Objects for APPN/HPR in IP Networks

IEEEが管理する部分[編集]

IETFとIEEEは、IEEEが関わったMIB(イーサネットやブリッジ関連など)をIEEEのワークグループに移管することで合意した。これは現在進行中であり、移管が完了したものはごく一部である。

関連項目[編集]

  • SNMP (Simple Network Management Protocol)

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]