突棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

突棒(つくぼう)は、江戸時代に使用された捕り物道具のひとつである。刺股袖搦ととも三道具の一種でもある。

Tukubo.JPG

概要[編集]

頭部は鉄製で、形はT字型であり、撞木に酷似している。多くの歯がついていて長い柄(2-3メートルほど)をつけている。

袖搦のように、犯人の衣服、髪をからめて動きを制圧する。

  • 現在は突棒術を教える流派は少ない。