程銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

程 銀(てい ぎん、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の人物。河東郡の人。三国志魏書張魯伝に記述がある。

李堪侯選と同郷で、それぞれ一定の勢力を有していた。また馬超韓遂達と同盟を結び反乱を起こした。潼関の戦いでは曹操軍を相手に善戦し活躍するものの敗れ、侯選と共に漢中に逃れている。しかし、後に張魯が曹操に降伏したため、程銀らも同じく降った。

小説『三国志演義』では、韓遂配下として登場している。「手下八部」の一人として奮戦し長安を落城させるが、最後は戦死してしまう。