碁石拾い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Go .svg Go .svg Go .svg Go w.svg Go .svg
Go .svg Go .svg Go w.svg Go w.svg Go .svg
Go .svg Go w.svg Go w.svg Go w.svg Go .svg
Go w.svg Go w.svg Go w.svg Go w.svg Go .svg
Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg
碁石拾いの問題例

碁石拾い(ごいしひろい)は、環中仙著の和國知恵較(1727年) や中根彦楯著の勘者御伽双紙(1743年)等の中で紹介されている、碁石を使ったパズル。初めて文献に登場した時は「ひろいもの」と呼ばれていた。

ルール[編集]

碁盤の上に並ぶ碁石を次のルールですべて拾う。

  1. どこから拾い始めてもよい。
  2. 碁石を縦・横に(斜めは不可)進みながら拾う。
  3. 碁石のないところで曲がることは出来ない。また、元の方向へ引き返すことも出来ない。
  4. 進む途中の石は必ず取らなければならない。

例題の解答[編集]

Go .svg Go .svg Go .svg Go w1.svg Go .svg
Go .svg Go .svg Go w3.svg Go w2.svg Go .svg
Go .svg Go w7.svg Go w4.svg Go w8.svg Go .svg
Go 10.svg Go w6.svg Go w5.svg Go w9.svg Go .svg
Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg Go .svg