橘成季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

橘 成季(たちばな の なりすえ、生没年不詳)は、鎌倉時代の人物。橘則光の後裔である橘光季養子官職伊賀。『古今著聞集』の作者。

経歴[編集]

競馬をよくし、詩文や管絃・絵画を好み、藤原孝時から琵琶の伝授を受けたが破門された。寛喜2年(1230年)頃には右衛門尉の官にあり、九条道家の近習として競馬等に活躍している。1254年建長6年)に成季が編著した説話集『古今著聞集』の序文では「散木士」、跋文(ばつぶん=書物の本文の後に書く文章)では「朝散大夫」と自称している。『古今著聞集』を完成させた建長6年(1254年)には既に隠居しており、文永9年(1272年)より前に没したらしい。