木漏れ日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雨後の木漏れ日
日食の時に現れる「三日月形」の木漏れ日

木漏れ日(こもれび)は、森林などの木立ちから太陽の日差しが漏れる光景のこと。「木洩れ日」とも書く。

概要[編集]

木々があり日(太陽)が照っていると必ず見られる光景であるが、直接木漏れ日の下に行けばよく確認できる。雨後にすぐ晴れた時には、少し離れた場所にいても水蒸気に反射しよく確認でき、カーテン状にも見える。

投影の形状[編集]

地面に投影される木漏れ日は、全て太陽と同じ丸い形をしている。日差しが入り込む木の葉の隙間の形状には、一切影響されない。

一方で太陽の形が変わった時、例えば部分日食時には、木漏れ日のひとつひとつが、欠けた円形や三日月の形に投影されるという、珍しい現象が起こる。

関連項目[編集]