悪いことしましョ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悪いことしましョ!
Bedazzled
監督 ハロルド・ライミス
脚本 ピーター・トラン
ラリー・ギルバート
製作総指揮 ニール・マクリス
出演者 ブレンダン・フレイザー
エリザベス・ハーレイ
フランセス・オコナー
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 ビル・ポープ
編集 クレイグ・ハーリング
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年10月20日
日本の旗 2000年11月11日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $48,000,000[1]
興行収入 $90,383,208[1]
テンプレートを表示

悪いことしましョ!』(Bedazzled)は、2000年アメリカ映画である。1967年イギリス映画、『悪いことしましョ!』(Bedazzled)のリメイクである。

ストーリー[編集]

コールセンターに勤めるエリオット(ブレンダン・フレイザー)は、何をやっても空回りして同僚からも煩がられる存在。ある日仕事仲間のアリソン(フランセス・オコナー)に勇気を出して声を掛けても軽くあしらわれてしまう。エリオットが「神様、何でもします… 彼女が僕のモノになるなら…」とつぶやくと、一人の美女(エリザベス・ハーレイ)が突然現れてこう言う。「私は悪魔よ、どう?契約しない?」

  • 『7つの願いをかなえてあげるわ。ただし魂をくれるなら、ね。』

見所は願いごと毎に変わるキャストそれぞれのキャラクター。特に主役のブレンダン・フレイザーの変身ぶりは「カメレオン俳優の面目躍如」と言える。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エリオット・リチャーズ/ジェフ/メアリ ブレンダン・フレイザー 森川智之
悪魔 エリザベス・ハーレイ 唐沢潤
アリソン・ガードナー/ニコール・デラロッソ フランセス・オコナー 石塚理恵
ダニエル/ダン/ダニー/エステバン/ナンパ男/ラマール・ギャレット/オインゲゲデゲババ博士 オーランド・ジョーンズ 桐本琢也
キャロル/ペントハウス女主人 ミリアム・ショア 安達忍
ボブ/ロベルト/ナンパ男/スポーツキャスター3 ポール・アデルスタイン 岩崎ひろし
ジェリー/アレハンドロ/ナンパ男/スポーツキャスター2/ランス トビー・ハス
同室の男/天使 ガブリエル・カソーズ

豆知識[編集]

  • 制作当初、エリオットの最後の変身はロック・スターであった。この時の彼は、麻薬中毒で心身ボロボロ、放送禁止用語を連発する悪漢であった。アリソンもまた、同様の堕落ぶりを見せた。しかし、試写会では、善良なエリオットにそぐわないとして、大いに不評であった。これを受け、急遽この変身を大統領に差し替えたという。事の経緯と当初の映像はDVD版の特典映像で見ることができる。
  • 本作以前、1967年のオリジナル版を原案にジョン・ウーが、1982年に『アーメン・オーメン・カンフーメン!』という作品を作りあげている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Bedazzled (2000)”. Box Office Mojo. 2009年12月8日閲覧。

外部リンク[編集]