宣簡蕭皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宣簡蕭皇后(せんかんしょうこうごう、? - 933年)は、契丹)の太祖耶律阿保機の母。小字は巌母斤。

遙輦氏の宰相の剔剌の娘として生まれた。徳祖耶律撒剌的の妻となり、男女6人を生んだ。天顕8年(933年)、死去した。徳陵に陪葬された。重熙21年(1052年)、宣簡皇后と追尊された。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻71 列伝第1