大学への数学 (研文書院)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大学への数学(だいがくへのすうがく)は、研文書院が発行している大学受験での数学を取り扱う参考書。略称は東京出版のものと区別して黒大数(くろだいすう)。

他の参考書と比べて厳密な定義を大切にし、時には高校数学の範囲を逸脱した解説も見られる。硬派な参考書となっているが、東大京大などの難関大学の入試にも十分対応できる構成となっている。

執筆陣は東京大学名誉教授の藤田宏を中心として、長岡亮介長岡恭史など。

旧課程では、検定教科書にある高校数学の基本部分の詳説が中心の「スタンダード版」と、より問題演習に重きを置いた「ニューアプローチ版」の2シリーズが発行されていたが、新課程では1シリーズにまとめ「スタンダード版」と「ニューアプローチ版」の長所を結集させた構成になっている。

2013年8月31日で発行元の研文書院が出版、販売の業務を終えるのにともない、2013年6月の時点で、購入は書店と研文書院の在庫分限りとなり、本書の新規の納品はおこなわれていない。

主な書籍[編集]

新課程版[編集]

  • 『大学への数学I』
  • 『大学への数学A』
  • 『大学への数学II&B』
  • 『大学への数学III&C』

旧課程版[編集]

  • 『大学への数学I&A』
  • 『大学への数学II』
  • 『大学への数学B』
  • 『大学への数学III&C』
  • 『大学への数学I ニューアプローチ』
  • 『大学への数学II ニューアプローチ』
  • 『大学への数学A ニューアプローチ』
  • 『大学への数学B ニューアプローチ』
  • 『大学への数学III&C ニューアプローチ』

その他[編集]

  • 『大学への数学スペシャル』

外部リンク[編集]