吉田玉男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉田 玉男(よしだ たまお)は、人形浄瑠璃の人形遣い。

初代[編集]

1919年大正8年)1月7日2006年平成18年)9月24日)本名・上田末一(うえだ すえいち)。

来歴・人物[編集]

大阪府大阪市に生まれる。1933年昭和8年)吉田玉次郎に入門し、玉男と名乗る。立役(男役)。戦中二度出征。戦後『曽根崎心中』の徳兵衛役が当たり役となり、生涯で1136回務めた。抑制の効いた、理知的な動きの中に、秘めた情感や品良き色香を表現し、その技は最高峰と謳われた。1977年(昭和52年)重要無形文化財保持者(人間国宝)認定、1989年(平成元年)勲四等旭日小綬章受章、1997年(平成9年)朝日賞受賞、2000年(平成12年)文化功労者2003年(平成15年)京都賞(思想・芸術部門)受賞。

2006年(平成18年)9月24日、肺炎のため逝去。享年87。

関連書籍[編集]

  • 『文楽の男 吉田玉男の世界』山川静夫共著 淡交社 2002
  • 『文楽吉田玉男』小川知子 撮影 演劇出版社 2003
  • 『吉田玉男文楽藝話』日本芸術文化振興会 国立劇場上演資料集 2007
  • 『人形有情 吉田玉男文楽芸談聞き書き』宮辻政夫聞き手 岩波書店 2008

2代目[編集]

初代門下の玉女が2015年4月に2代目玉男を襲名予定。

参考資料[編集]

「第一〇四回=文楽公演 平成十八年十一月 国立文楽劇場」公演パンフレット(平成18年11月4日独立行政法人日本芸術文化振興会発行)