台湾・インターシティフットボールリーグ 2012

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インターシティフットボールリーグ
シーズン 2012
優勝 台湾電力足球隊
試合数 42
ゴール数 165 (1試合平均3.93)
最大差勝利ホーム試合
台電 8-0 義守大学
最大差勝利アウェー試合
銘伝大学 0-6 台電
義守大学 1-7 銘伝大学
最多得点試合
銘伝大学 2-7 大同
2011
2013

台湾・インターシティフットボールリーグ 2012 (繁体字: 2012年全國城市足球聯賽) は2007年に第一回が開催されて以来、6回目の台湾・インターシティフットボールリーグである。前年度優勝の台湾電力足球隊が3年連続4回目の優勝を果たした[1]。優勝した台湾電力足球隊はAFCプレジデンツカップ2013の出場権を獲得した。

最終成績[編集]

チーム
出場権または降格
1 台湾電力足球隊 12 8 3 1 32 5 +27 27 AFCプレジデンツカップ2013の出場権を獲得 
2 大同足球隊 12 9 0 3 30 14 +16 27
3 国訓センター 12 7 1 4 23 22 +1 22
4 台体 12 5 2 5 28 23 +5 17
5 銘伝大学 12 5 1 6 30 31 −1 16
6 台南市FC 12 1 3 8 13 23 −10 6
7 義守大学 12 1 2 9 9 47 −38 5

最終更新は2012-11-17の試合終了時
出典: Soccerway
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

表彰[編集]

受賞者
最優秀選手賞 中華民国の旗 温智豪高市台電
得点王 中華民国の旗 温智豪(高市台電)、陳柏豪北市大同)、林茂祥(台体
最優秀監督賞 中華民国の旗 陳貴人(高市台電)
フェアプレー賞 義守大学

脚注[編集]

  1. ^ Regular season”. Soccerway. 2012年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]