双方向反射率分布関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

双方向反射率分布関数(そうほうこうはんしゃりつぶんぷかんすう)は、反射モデルのひとつ。

双方向散乱面反射率分布関数を特殊化したもので、反射表面上のある地点 x に対して、ある方向から光が入射したとき、それぞれの方向へ,どれだけの光が反射されるかを表す、反射地点に固有の関数。非常に大雑把な言い方をすれば、反射率を一般化したものと言える。BRDF(Bidirectional Reflectance Distribution Function)とも言う。単位は1/srとなる。


f_r(x,\vec{\omega}_i, \vec{\omega}_r) = 
\frac{dL_r(x,\vec{\omega}_r)}{dE_i(x,\vec{\omega}_i)}