十三勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

十三勢(じゅうさんせい、シーサン シー)は、中国武術のひとつである太極拳の基本武功を表したもので、太極拳の8個の拳を打つ方向と、5つの歩行法、歩行のあり方を説いたものである。 楊式太極拳では「八門五歩」ともいう。

具体的には、(ほう)、履(り)、(せい)、按(あん)、採(さい)、(れつ)、肘(ちゅう)、靠(こう)、進、退、顧、、定 の13であり、

この中の「、履、、按、採、、肘、靠」が八卦を表し、それぞれ「」の四方斜めの方角にも対応している。

「進歩,退歩,左顧,右,中定」が五行を表し、それぞれ「」に対応している。