円照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

円照(えんしょう、承久3年(1221年)- 建治3年10月22日1277年11月18日))は、鎌倉時代中期の律宗。父は東大寺厳寛で、戒壇院中道聖守の弟。号は実相。

叡尊円爾良忠覚盛良遍などに師事して仏教教学を学び、三論・法相・天台・真言密教・禅など8宗を修学した。1251年建長3年)東大寺戒壇院の院主に任じられ、1258年正嘉2年)造東大寺大勧進に就任し、堂塔の復興に尽力し戒壇院の中興開山となった。1269年文永6年)には後嵯峨上皇に戒師としてを授けている。弟子には凝然真照などがいる。