公認内部監査人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

公認内部監査人(こうにんないぶかんさにん, Certified Internal Auditor, CIA)は、組織体の内部監査についての知識・技能を証明することを目的とする、アメリカ合衆国発祥の国際資格である。

概要[編集]

アメリカに本部があるen:The Institute of Internal AuditorsIIA、内部監査人協会)が主催・認定する国際資格であり、1974年11月に開始された[1]。資格認定試験は、世界約160の国と地域で18の言語により実施[2]されており、日本では、IIAの日本代表機関である日本内部監査協会IIA-Japan)が1999年11月より日本語での試験を実施している。日本における合格者数は2013年までの累計で7,227人[3]

試験内容[編集]

テストセンターにおけるコンピュータベーステストで実施され、通年で出願・受験が可能である。試験科目は以下の3つのPartに分かれている(2014年5月現在)[4]

  • Part I  内部監査の基礎
  • Part II  内部監査の実務
  • Part III 内部監査に関連する知識

資格認定要件[編集]

全科目の試験に合格し、かつ以下を全て満たすことが必要である。

  • 教育要件
4年制大学卒業ないし、3年以上在学の大学生・大学院生、大学・大学院の教員であること。短大卒等の場合は、実務経験の必要期間が長くなる。
  • 実務経験
内部監査・監査役監査・外部監査、リスクマネジメントコンプライアンス内部統制にかかわる業務経験のいずれかが、4年制大学卒業の場合は2年以上必要である。
  • 上司等の推薦

継続的専門能力開発制度(CPE)[編集]

公認内部監査人は、内部監査人としての知識や技能を維持かつ最新のものにし、内部監査の基準・手続・技法に関連する諸問題を常に把握し、その能力を向上・発展させる責務がある。このため、資格維持に当たっては、研修など既定のポイント以上の活動を行う必要がある。

その他[編集]

IIAの認定国際資格には、公認内部監査人のほか、内部統制評価指導士(CCSA)、公認金融監査人(CFSA)、Certified Government Auditing Professional(CGAP)、Certification in Risk Management Assurance(CRMA)がある。また、日本内部監査協会の国内資格には、内部監査士金融内部監査士情報システム監査専門内部監査士がある。

脚注[編集]

  1. ^ IIA(内部監査人協会)
  2. ^ CIA公認内部監査人 認定資格試験ガイド
  3. ^ http://www.iiajapan.com/certifications/CIA/index2.html 公認内部監査人 認定試験ガイド-新3パート構成
  4. ^ 2013年までは4科目制であった。それまでは会計資格やMBA取得者はPartIVを免除できたが、現在は科目免除制度はない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]